ダウンジャケットもセーターもおうちで洗える!冬物衣類の上手なお洗濯術

2020/11/18

「洗濯機で洗ったらお気に入りのセーターが縮んでしまった……」なんて経験はありませんか?

お気に入りの衣類は、できれば毎回クリーニングに出したいところですが、出費がかさむしお店に行くのもちょっと面倒ですよね。冬も意外と汗をかくため、おうちで気軽に洗濯できれば節約になるだけでなく、清潔さや快適さも保てて着るたびに気持ちよく過ごすことができます。そこで今回は、冬物衣類をおうちで上手に洗濯する方法をご紹介します。

まずは衣類の「取り扱い表示」タグをチェック

winter-clothing2

「おしゃれ着用洗剤」などを使って、ご家庭で洗濯できる冬物衣類には、ウールやカシミヤのニット、セーター、コーデュロイのボトムスなどいろいろあります。まずは衣類についている取り扱い表示のタグを見てみましょう。「家庭洗濯」のマークが「家庭での洗濯禁止(桶にバツ印)」となっていなければ、ご家庭で洗濯をすることができます。

winter-clothing3

出典:消費者庁「新しい洗濯表示

冬物衣類のなかには「ドライクリーニング」の表示がついているものもあります。ドライクリーニングマークを「クリーニング店でなければ洗濯できない」という意味だと思いがちですが、これは「ドライクリーニングができます」という意味。こちらも「家庭洗濯」マークが「家庭での洗濯禁止」となっていなければ、ご家庭で洗うことができます。

また、「家庭での洗濯禁止」のマークがついていても、ウール、アンゴラ、レーヨン、レース、麻、ポリエステルなどの素材の衣類なら自宅で洗うことができます。ただし、スーツやドレスといった型崩れしやすい服や、絶対に失敗したくない大切な服の場合は、無理をせずクリーニング店にお任せするのがよいでしょう。

洗濯機の「手洗いコース」や「ドライコース」または手で押し洗いする

winter-clothing4

セーターやニットなどを洗うときに、いつもの洗濯と同じようにポンと洗濯機に放り込んで、標準コースで洗うのはNGです! 少々面倒かもしれませんが、ひと手間加えると衣類が長持ちしますよ。

まずは、型崩れを防止するために、一つひとつ洗濯ネットに入れましょう。その際、えりや袖口など、汚れている部分を外側に出すようにして折りたたんで入れると、汚れが落ちやすくなります。衣類を傷めないよう、ファスナーやボタンは閉じておきましょう。

また、色の濃い衣類の場合は、洗濯前に目立たないところに洗剤をつけて、色落ちしないかどうか、念のため調べると安心です。

そして、洗濯機で洗うときは、おしゃれ着用洗剤を使用し、「手洗い・ドライ対応・おしゃれ着コース」などの弱水流コースを選択します。各コース名や機能は、洗濯機によって名称が異なるため、取扱説明書で確認しましょう。標準コースを選択すると、ウールの縮みや毛玉、型崩れの原因になることもあるので注意が必要です。

洗濯機でセーターやニットを洗濯するときの4つのチェックポイント!
□洗濯ネットに入れる!(ひとつの洗濯ネットに衣服1着)
□ファスターやボタンは閉じておく!
□おしゃれ着用洗剤を使用する!
□「手洗い・ドライ対応・おしゃれ着コース」などの弱水流コースを選択!

セーターやニットを手洗いするときは……

手洗いをする場合は、洗いおけなどに30℃以下の水をためて洗剤を溶かし、たたんだままやさしく押し洗いをします。温度が高すぎると色落ちや縮みの原因となるので気をつけましょう。衣類を「沈める」「浮かせる」を20~30回ほど繰り返します。

洗濯機で軽く脱水(1分以内)をしたら、洗いおけなどに戻して押し洗いの要領できれいな水ですすぎます。もう一度洗濯機で軽く脱水(1分以内)したのち、洗いおけなどに戻したら水を張って柔軟仕上げ剤を入れます。さらにもう一度「沈める」「浮かせる」を何度か繰り返し、柔軟仕上げ剤が衣類全体にいきわたったら、ふたたび洗濯機で軽く脱水(1分以内)して終了です。

セーターやニットの型崩れ防止には干し方が大切

winter-clothing5

せっかくていねいに洗ったニットやセーターも、濡れた状態のまま放っておいては意味がありません。シワや型崩れを防ぐために、脱水後はすぐに取り出して、軽くたたいてシワを伸ばします。

軽いセーターやニットなら厚みのあるハンガーにかけ、形を整えて陰干しします。伸びやすい厚みのある衣類なら、平らな場所やネットの上に「平干し」するのがおすすめ。スペースがなく平干しできないときは、袖がたれないように袖と身頃を胸の下くらいの位置で半分に折るようにして竿にかける「竿干し」をしましょう。

ダウンジャケットを洗うときは洗濯槽を洗いおけとして使うと便利!

winter-clothing6

寒い冬に大活躍するダウンジャケットも、「家庭洗濯」マークが「家庭での洗濯禁止」となっていなければおうちでお洗濯可能です。ニットやセーター同様に、やさしく押し洗いをするか、洗濯機で洗う場合は取扱い表示に応じて適した洗濯コースを選びましょう。

ポイントは、袖口やえりなどの汚れが気になる部分には、あらかじめ「前処理」をしておくこと。水を含ませたスポンジにおしゃれ着用洗剤の原液をつけて、軽くたたくようにして汚れを落とすとよいでしょう。全体が濡れてしまったあとだと、汚れが見えにくくなってしまうことも。乾いているうちにしつこい汚れをしっかり処理しておくことがコツです。

手洗いの方法は、ニットやセーターと同様にやさしく押し洗いをして、洗濯機で軽く脱水(1分以内)をしてから押し洗いの要領で2回すすぎます。2回目のすすぎの際に、柔軟仕上げ剤も使用するとよいでしょう。ロングコートがかさばって、洗濯おけや洗面ボウルに入りきらない……というときは、洗濯機の洗濯槽を洗いおけ代わりに使うのがおすすめです。

ダウンジャケットを干すときは自然乾燥で中までしっかり乾かす

ダウンジャケットの場合も、シワや型崩れを防ぐために脱水後はすぐに取り出して干しましょう。厚みのあるハンガーを使い、軽くたたいて形を整えてから陰干しします。脱水後に羽毛がだんご状になっていたら、ある程度乾いた段階で両手ではさむようにして、軽くたたいて形を整えます。

ダウンジャケットは、表面がすぐに乾いても中の羽毛や内側はなかなか乾きません。乾燥が不十分だとニオイやカビの原因になりますから、室内で2~3日干して完全に乾かします。しっかり乾燥させたら、羽毛が均一になるようにダウンジャケットを縦と横、両方から軽くふりさばいて空気を入れ、ふんわり仕上げましょう。

汚れやすい手袋の指先やニット帽の内側には洗剤の原液をなじませてから洗う

winter-clothing7

手袋やマフラー、ニット帽などといった使用頻度の高い冬のマストアイテムは、直接肌にふれることも多く、汗やファンデーションなどで案外汚れるもの。家で洗える素材のものは、定期的に洗濯をして清潔を保ちたいですね。

冬小物もセーターなどと同様に、まずは洗濯前に色落ちしないかチェックをすると安心です。ファンデーションなどの目に見える汚れがある場合は、おしゃれ着用洗剤の原液をつけてなじませておきます。

洗い方もセーターなどと同じく、折りたたんで洗濯ネットに入れ、洗濯機の手洗いコースもしくはドライコースで洗うか、やさしく押し洗いをします。フリンジのついたマフラーの場合は、フリンジを内側に入れて折りたたむとよいでしょう。

洗い終わったら黄ばみや変色を防ぐために陰干しをします。乾いたら全体にスチームアイロンをかけるとふんわりとした仕上がりになりますよ。

革やリアルファー……おうちで洗えない素材もあるので注意!

winter-clothing8

冬小物でも、革の手袋やファーのついたマフラーなどは水洗いができないため、家での洗濯には向きません。革手袋の場合、表面に撥水加工がしてあり、水がしみこまないものであれば、おしゃれ着用洗剤を薄めた液に浸したタオルを固く絞って汚れを落とすことができます。色落ちがしないかどうか、目立たないところでしっかりと確かめてからおこないましょう。きれいな水で絞ったタオルを使って2~3回ほどふき、洗剤をしっかり取り除いてから陰干し。乾いたら仕上げに革用オイルなどを使ってお手入れをするとツヤが戻って長持ちします。

同じく水洗いができないリアルファーは、ブラシでほこりをとって、毛並みを整えてお手入れします。汚れやすいえりや袖口、裾まわりなどは、着用後こまめにブラッシングをすることをおすすめします。

汚れが気になるときには、おしゃれ着用洗剤を薄めた液にタオルを浸して、固く絞って汚れを軽くたたくようにしてふき取ります。きれいな水でしぼったタオルで2~3回ほどふいて洗剤分を取り除いたら、陰干しで乾かします。フェイクファーの場合は、取り扱い表示を確認し、洗える場合はニットなどと同様の方法でお洗濯が可能です。

洗い方をマスターして節約&時短!

winter-clothing9

洗い方や干し方をしっかり工夫すれば、冬物衣類もおうちで洗濯が可能です。ニットやセーターをこまめに洗えると、つねに清潔な状態が保て、ニオイの心配も少なくなります。またダウンジャケットは、クリーニングに出すと1回数千円することもありますから、おうちで洗えば節約にもなります。

冬は洗濯ものの量が増え、毎日のお洗濯も大変になりがち。上手に時短法を活用して、少しでもお洗濯をラクに快適なものにしてくださいね。

⇨洗濯の時短術は、こちらへ!

Top