”ごはん同盟”が料理のお悩みを解決!ご飯がすすむ簡単&時短「フライパン煮込み」レシピ

2021/03/12

献立を考えるだけでも大変な毎日の食事づくり。「材料を切る手間を省きたい!」「調味料を一つひとつはかるのが面倒……」など、お悩みはたくさんあるもの。そうした日々の食事づくりの悩みを、料理研究家「ごはん同盟」のしらいのりこさんが解決!時短アイディアのつまった、フライパンひとつでできる簡単煮込み料理のレシピをご紹介します。

料理製作/しらいのりこ(ごはん同盟) スタイリング/ダンノマリコ 撮影/菅井淳子

【お悩み①】いちいち調味料を計るのがめんどう……
→塩、こしょうのみでできる「鶏手羽元のクリーム煮込み」

できれば手の込んだ料理をつくりたいけれど、複数の材料や調味料を計量スプーンや計量カップを使ってはかるのは意外にめんどうですよね。そんな方のために、極力材料を計量する手間を省き、味つけは塩とこしょうのみだけれど、味がしっかり染み込む「鶏手羽元のクリーム煮込み」をご紹介します。

●「鶏手羽元のクリーム煮込み」

材料/2~3人分
鶏手羽元……6本(400g)
ベーコン薄切り……2枚(30g)
じゃがいも……2個(300g)
キャベツ……1/4個(250g)
牛乳……1/2カップ(100ml)
バター……10g
にんにく(すりおろし)……小さじ1/2
小麦粉……大さじ2
塩・こしょう……各少々

つくり方
①鶏手羽元は塩少々をもみこむ。ベーコンは1cm幅の細切り、キャベツもざく切りに。じゃがいもは皮をむき、1cm幅に切る(水にさらさない)。
②フライパンにバターを入れて弱めの中火で熱し、手羽元、ベーコンを加えて炒める。じゃがいも、キャベツを加え、小麦粉を加え、全体を混ぜる。
③水1カップ(分量外)、にんにくを入れてひと混ぜし、ふたをして5分ほど煮る。牛乳を加えてひと混ぜしたら、塩、こしょうで味をととのえ、沸騰直前で火を止めて完成。

<しらいのりこさんのone point>
ベーコンのうま味のチカラで味付けは塩・こしょうだけ!

「できる限り計量の手間を省くために、塩とこしょうだけで味つけをするシンプルなレシピです。鶏手羽元にベーコンを加えることでうま味をアップさせています。鶏手羽元を鶏モモ肉や鶏手羽中、鶏手羽先などに変えてもOK。今回は味のアクセントになるよう、にんにくを入れていますが、好みに合わせて省いても大丈夫です。

ポイントは、じゃがいもは切ったあと、水にさらさないこと。そうすることで、煮込んだときに自然ととろみが出ます。じゃがいもは、さつまいもやかぼちゃに変えてもよく合います。牛乳を豆乳に変えてもいいですよ。」

【お悩み②】下ごしらえの手間は極力省きたい……
→包丁いらずの「豚肉と冷凍野菜のスピード中華風煮込み」

忙しい平日の夕方は、野菜の皮むきの時間もおしいもの。「包丁をできるだけ使わないでパパッと料理がしたいけれど、野菜もしっかり摂りたい」というときは、カット済みのお肉と冷凍野菜をフル活用しましょう!

●豚肉と冷凍野菜のスピード中華風煮込み

材料/2~3人分
豚バラ肉(焼肉用)……200g
さといも(冷凍)……10個(300g)
いんげん(冷凍)……8本
片栗粉……小さじ2
塩・こしょう……各少々
ごま油……小さじ2
白すりごま……大さじ1
【A】
水……1カップ(200ml)
しょうゆ・オイスターソース・砂糖……各大さじ1

つくり方
①豚肉は塩、こしょう、片栗粉でもむ。
②フライパンにごま油と豚バラ肉を入れて中火で熱して焼きつける。凍ったままのさといもを加え、全体を炒めたら【A】を加え、ふたをして5分煮る。凍ったままのいんげんを加えてさらに2分ほど煮て、全体にとろみがついたら火を止めて器に盛り、白すりごまをふって完成。

<しらいのりこさんのone point>
お好みの冷凍&生の野菜に変更してもおいしい!

「なんだか料理が面倒……という気分の日は、誰にだってあると思います。そんなときはできるだけ包丁を使いたくないものですよね。このレシピはカットして販売されているお肉と、下ゆで済みの冷凍野菜を使うことで、包丁いらずで完成します。

お肉は豚こま肉や鶏のからあげ用肉、お好みのひき肉に変えても合います。さらに最初に片栗粉でもんでおくことで、最後に水溶き片栗粉でとろみをつける手間も省くことができます。

野菜もお好みのものに変えてOK!冷凍の根菜ミックスやかぼちゃ、カリフラワーなどがおすすめです。もちろん、れんこんなど生の野菜にしてもおいしいので、煮る時間を調整しながら、いろいろ試してみてください。野菜はトータルで300gが目安です!」

【お悩み③】毎日イチから食事をつくるのは大変……
→たっぷりつくって翌日はリメイク料理に!「大きなミートボールときのこの煮込み」

毎日毎日、食事を一からつくるのは大変。かといって大量に同じものをつくってしまうと、食べ飽きてしまうことも……。そこで次にご紹介するのは、まったく違うメニューにリメイクできる「大きなミートボールときのこの煮込み」です。

●大きなミートボールときのこの煮込み

材料/2~3人分
<肉だね>
合い挽き肉……300g
玉ねぎ……1/2個(100g)
木綿豆腐……1/2丁(200g)
塩……小さじ1/2
こしょう……少々

マッシュルーム……1パック(100g)
エリンギ……1パック(100g)
しめじ……1パック(100g)
にんにく(みじん切り)……小さじ1
赤ワイン……1/2カップ(100ml)
オリーブオイル……大さじ1

【A】
カットトマト缶……1/2缶(200g)
みそ……大さじ2
ウスターソース……大さじ1
砂糖……小さじ1

つくり方
①玉ねぎはみじん切り、木綿豆腐は軽く水をきり、マッシュルームは薄切り、エリンギは長さを3等分にして薄切り、しめじは軸をはずしてほぐす。【A】は混ぜ合わせておく。
②ポリ袋に肉だねを入れてもみ、6個に丸める。

③フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて中火で熱し、にんにくの香りがたったらすべてのきのこを入れて炒める。きのこがしんなりしたら②を加え、転がしながら焼く。表面に焼き色がついたら、赤ワインを加え、沸騰したら【A】を加える。ふたをして5分ほどして全体がなじんだら完成。

<しらいのりこさんのone point>
こねない簡単ミートボールだから平日の夜もラク!

「子どもが好きなひき肉料理。おいしく食べてくれると思っても、ひき肉をこねる手間がかかると思うと、平日の夕食にはちょっとハードルが高いメニューですよね。

このレシピは、肉だねをこねる必要はありません。ひき肉と木綿豆腐がまんべんなく混ざれば十分。木綿豆腐の水切りも、パックから出して軽く水をきるだけでOKです。

甘みがほしいときはケチャップか、砂糖を少量加えてみてください。合いびき肉を豚、鶏に代えてもいいし、牛肉のみのひき肉に代えると、少し大人っぽい味に変わります。

木綿豆腐を入れてカサ増ししてたっぷりつくり、6個のうち2個をソースと一緒に冷蔵庫へ。そして翌日に『ミートボールカレーグラタン』にリメイクして、おいしくいただきましょう!」

●ミートボールカレーグラタン

材料/2~3人分
「大きなミートボールときのこの煮込み」……1/3量(ミートボール2個とソースを合わせて300g)
カレー粉……小さじ2
牛乳……1と1/2カップ(300ml)
マカロニ(グラタン用)……80g
ピザ用チーズ……60g

つくり方
①耐熱容器にバター(分量外)を塗っておく。
②フライパンに「大きなミートボールときのこの煮込み」を入れて中火で熱し、ミートボールを崩しながら加熱する。カレー粉を加えてひと混ぜし、水1/2カップ(100ml・分量外)、牛乳、マカロニを加え、時々混ぜながらマカロニの袋の表示通り煮込む(途中水が足りなければ少量ずつ加える)。

③耐熱容器に入れ、チーズをのせ、220℃のオーブンまたはオーブントースターで焼き色がつくまで8分程度焼く。

<しらいのりこさんのone point>
煮込み時間を増やすと、よりおいしくなります!

「リメイク料理は、かなりの時短につながるレシピ。『ミートボールカレーグラタン』は昨日の残りものだということがわからないくらい、見た目も味も変わるので、ぜひ試してみてください。きっと家族は何も知らずに、『今日の料理もおいしいね』と言ってくれるでしょう!

また今回、ご紹介したレシピはどれも短時間で味が染み込み、ご飯に合うおかずになりますが、さらに煮込み時間を増やすとよりおいしくなります。その場合は、水を適量加えて調整しましょう。」

しらいのりこさん
お米料理研究家。夫シライジュンイチさんとのユニット「ごはん同盟」調理担当。「おいしくお米をいただくこと」を常に研究し、炊飯教室、メディアなどで活躍中。著書に『これがほんとの料理のきほん』(成美堂出版)など。

ラクで焦げつかない!煮込み料理はフライパンにおまかせ

しらいさんは、普段からよくフライパンを料理に使うそうです。

「大きな煮込み用の鍋もありますが、重たいし何よりあと片づけが大変ですよね。フライパンを使えば、焦げつかないから調理もあと片づけもラクなので、お肉や野菜の煮込み料理のほかにカレーなどもフライパンで料理しています。私は、フライパンでつくる煮込み料理が大好きなんです!」

毎日のことだからこそ、料理はできれば手間を省いて時短でおこないたいもの。今回、ご紹介したレシピは、どれも簡単&時短でできるものばかり。あっという間にできて心と時間に余裕が生まれたぶん、食事中に家族との会話を楽しんだり、夕食後の自分時間をエンジョイしたりすることができます。ぜひ試してみください。

今回、レシピをご提供いただいた料理研究家のしらいのりこさんは、夫のシライジュンイチさんと一緒にごはん同盟のユニットで活動されています。自宅兼仕事場で一緒に暮らすおふたりに、夫婦で在宅ワークを快適に、円満にかなえるコツをお伺いしたインタビューもぜひご覧ください。

みなさんの暮らしが、より充実しますように!

<関連記事>
在宅が増えたいまだからこそ。一緒に暮らして一緒に働く「ごはん同盟」に聞いた夫婦円満の秘訣

Top