親子でステイホームをもっと楽しく!子どもと一緒につくる簡単工作アイデア

2021/03/24

長引くコロナ禍でなかなか自由気ままに外遊びができず、大人も子どももどのようにおうち時間を過ごすか、悩ましい日々が続いています。今回は、そんな日々のステイホームの時間を使ってすぐに楽しめる工作のアイデアをご紹介します。

遊び方を教えてくれるのは、アートクリエイターのかまゆみさん。おうちにある不用品や、100円ショップで買えるものを使って簡単にできるので、ぜひ親子でチャレンジしてみてください!

【おうちで簡単工作アイデア①】ありがとうカード

最初にご紹介するのは、小学校に入る前の小さな子どもたちでも簡単にできる手づくりカードです。「いつもありがとう」の気持ちを込めたお手紙をそえてプレゼントしてみましょう。

材料

・色画用紙(B4サイズの好きな色)
・花用折り紙(好きな色3枚)
・葉っぱ用折り紙(黄緑か緑色1枚)
・人用折り紙(好きな色1枚)
・人の洋服用折り紙(好きな色1枚)
・マスキングテープ
・シール
・のり
・ペン
・色鉛筆
・はさみ

つくり方

①花をつくる!
①-1折り紙を縦横に折り、はさみで切る。

①-2  1/4の大きさに切った小さな折り紙を、①-1と同じようにさらに縦横に折る。

①-3 四隅を線に沿って真ん中に向けて折る。

①-4 裏返して四隅を折り込む。

①-5 表に返し、中心を四方向に折り返す。

②「葉っぱ」をつくる!
②-1 緑色の折り紙を半分に折り、さらに半分に折る。
②-2 山折りになっている部分にはさみを入れ、半円形に切る。

②-3 切ったものを広げると葉っぱの完成!

③「人」をつくる!
③-1好きな色の折り紙を用意する。

③-2裏返して、折り紙の上部を折る。

③-3 両端を内側に向かって斜めに折る。

③-4 下部を上に折り返す。

③-5 裏返して、上部と下部の隅を折る。

③-6 別の折り紙で洋服の部分をつくる。折り紙を使わず、マスキングテープのみを貼り付けてもOK。

③-7 顔を描いたら完成!

④カードをつくる!
④-1 色画用紙を半分に折る。

④-2 ①の「花」、②の「葉っぱ」、③の「人」を半分に折った色画用紙の表面にのりで貼り付ける。

④-3 カードの内側にメッセージを書き、シールなどでデコレーションをして完成!

春は、心機一転、新しい暮らしがはじまる季節。お子さんからママ、パパへ、パパからママへ、ママからパパへ、パパ・ママからお子さんへ、それぞれに日頃の感謝を込めて、「ありがとうカード」をつくってみてはいかがでしょうか。

なお、小さなお子さんがつくる場合、少しむずかしい工程や、はさみを使う工程では、保護者の方が助けてあげてください。

【おうちで簡単工作アイデア②】フォーク人形

おうちにある紙ナプキンやリボンを使って、お人形をつくってみましょう!つくり手によって、それぞれキャラクターの違いが楽しめる工作です。

材料

・木のフォーク(1本)
・毛糸(好きな色)
・マスキングテープ
・リボン(好きな色)
・紙ナフキン(1枚)
・両面テープ
・カラーペン
・はさみ

つくり方

① 木のフォークにカラーペンで顔を描く。

② 毛糸をフォークの先に絡ませて髪の毛に(好きなように巻いてOK!)

③フォークの首にマスキングテープを巻く。

④ 紙ナプキンを半分に切り、それぞれじゃばら折りにしてスカートに。

⑤ じゃばらのパーツ上部は、セロハンテープやマスキングテープで止めておく。

⑥ ③の顔を描いたフォークに、⑤のスカートをマスキングテープでくっつける。

⑦ 背面も同様にスカートをマスキングテープでフォークにくっつける。
⑧ 前面、背面のスカートは、お互いをテープでくっつけると綺麗な仕上がりに!
⑨ 最後にリボンを巻き、蝶結びをしたら完成!

いろいろな柄の紙ナプキンやリボンがあれば、色とりどりで個性豊かなフォーク人形ができますね。スカートを広げずに裾をシュッとしぼめば、男性のお人形さんにもなります。家族全員の人形をつくってみても、おもしろいかもしれません!

【おうちで簡単工作アイデア③】パックン人形

パックン人形でおしゃべりして遊んでみましょう!頭の上に耳をつければ犬や猫にも変身。大小の紙コップでいろいろな大きさのパックン人形をつくってみても楽しいですよ。

材料

・紙コップ(2個)
・動眼(2個)
・鼻用デコレーションボール(好きな色1個)
・木工用ボンド
・マスキングテープ
・シール
・カラーペンか色鉛筆
・はさみ

つくり方

① 紙コップの側面をはさみで縦に切り、半分に折る。

② ①で半分に折ったコップの上部と下部の角を丸く切りとり、顔の形をつくる。このとき、下部は短く、上部は広めに切る。
③ ②で余った紙コップの端を使って、手と足をつくる。

④ もうひとつの紙コップに、洋服を着せるようにマスキングテープやシールなどでデコレーションをして胴体をつくる。
⑤ ③でつくった手と足を④の胴体に木工用ボンドで貼り付ける。足はコップの内側に貼り付け、外側に折り返す。

⑥ ②の顔と⑤の胴体を木工用ボンドでくっつけて、顔に動眼とデコレーションボールを貼り付ければ完成!

小さなコップでつくれば、子どもパックン人形になります。それぞれのパックン人形ができたら、口の部分を手でパクパクさせながらお話してみましょう。普段の会話が、ちょっとおもしろくなるかもしれません!

【おうちで簡単工作アイデア④】たい焼き

茶封筒でつくる本物そっくりなたい焼き。頭の先にクリップをつけて、割り箸で釣竿をつくれば魚釣りも楽しめそうな工作です。5月になったらたくさんつくって、こいのぼりのように家の中を泳がせてみてはいかがでしょうか!

材料

・茶封筒
・新聞紙またはあまり紙
・セロハンテープ
・カラーペン(茶色)

つくり方

① 茶封筒にカラーペンでたい焼きの絵を描く。

② ①に新聞紙またはあまり紙を詰め、セロハンテープで止める。

③ 頭部分の角を折り、たい焼きの形にして完成!

こちらはとても簡単にできるので、小さなお子さんが挑戦するのにぴったり。どんな封筒でもできますが、少し薄手の茶封筒のほうがより形がつくりやすくなるので試してみてください。

【おうちで簡単工作アイデア⑤】てんとう虫

てんとう虫をつくる画用紙が大きいと大きなてんとう虫に、画用紙を適当な大きさに切っても小さなてんとう虫が完成します。ちょっと虫が苦手なお子さんでも、これなら大丈夫(かも)!かわいらしいてんとう虫をつくってみましょう。

材料

・色画用紙(好きなサイズ黒2枚)
・動眼(2個)
・折り紙(好きな色またはドット柄1枚)
・木工用ボンド
・両面テープ
・はさみ

つくり方

① 黒の色画用紙のうち1枚を長辺から3等分する。
② 3枚をそれぞれ短編に沿ってじゃばらに折る。角をきっちり折るのがポイント。

③ じゃばらになったら、中心で半分に折って扇子の形にして、内側を両面テープで貼り付ける。

④ 残っている2枚の黒画用紙も同様につくる。

⑤ 3つを両面テープで貼り合わせ、丸くする。

⑥ 折り紙を丸く切り、下部に刻みを入れて羽をつくる。きれいな丸の形にしたい場合は、てんとう虫の大きさに合わせてコンパスを使って円を描く。
⑦ もう一枚の黒画用紙で、顔、触覚、足をつくる。

⑧ ⑤の裏側に⑦の顔、触覚、足を、表側に⑥の羽を貼り付けて完成!

お子さんの想像力は無限です。カラフルな画用紙を選んで、オリジナルの虫をつくってみるのもおもしろいですよ。上手にできなくても大丈夫。楽しみながらつくることが大切です!

アートクリエイター かまゆみさん
絵画造形講師、臨床美術士、All About子供の絵画工作ガイドのほか、イラストレーター・ライターとしても活躍。アートを通じて、子どもの健やかな成長と創造力を育む、さまざまな活動をおこなう。日本ワークショップクリエーション協会代表理事、かまゆみアート研究所代表。

ステイホームだからこそ、自由な発想で、思いつくままに楽しみましょう!

かまゆみさんにご紹介いただいた工作は、どれもかわいらしく、簡単につくれるものばかり。お子さんと一緒につくっているうちに、大人も童心に帰って夢中になりそうですね。工作は誰もがつくれて、特に決まりもありません。自由な発想で、思いつくままに、いろいろ試しながらつくってみてはいかがでしょうか。

『ひなたおたより』では、このほかにもおうち時間がより楽しくなる、さまざまなアイデアをご紹介しています。こちらの記事もぜひ参考にして、笑顔があふれるおうち時間をすごしてください。

⇨ベランピングからおうち居酒屋、最新サブスク情報など、ステイホームがもっと楽しくなるアイデアはこちらへ!

Top