イギリス生まれのデザート「トライフル」! 簡単レシピ5品

2021/08/31

「トライフル」とは「あまりもの」という意味のイギリス生まれのデザートです。スポンジやカステラなどにクリーム、フルーツなど好きな食材を重ねて盛るだけで、簡単に作れます。

今回は定番のチョコレートクリームを使ったものから、和風、ヨーグルトを使った夏におすすめのさっぱりとした味まで、5つのトライフルを料理研究家のほりえさちこ先生に教えてもらいます。

料理製作・スタイリング/ほりえさちこ 撮影/菅井淳子

チョコ好きの方必見!「ナッツとチョコとベリーのトライフル」

最初に紹介するのは、チョコとベリーを使った甘酸っぱいトライフル。市販のスポンジを使用していますが、カステラやシフォンケーキなどに変えてもOK!
ベリーは自分の好きなフルーツに変えるなど、アレンジ自在のレシピです。

チョコとベリーのトライフル

●材料/つくりやすい分量
板チョコ……1枚
生クリーム……1カップ(200ml)
砂糖……大さじ1/2
市販のスポンジ……適量(容器に合わせる)
ブルーベリー・ラズベリー……各適量(各15~20粒)
ミックスナッツ……適量

<カスタードクリーム>
つくりやすい分量
卵……1個
砂糖……大さじ3
薄力粉……大さじ2
牛乳……1カップ(200ml)
バニラエッセンス(あれば)……少々

【前準備:カスタードクリーム】
① 耐熱ボウルに卵を溶き、砂糖、ふるった小麦粉を入れ、牛乳を加えて混ぜ合わせる。
② ①を電子レンジ(600W)で3分加熱し、かき混ぜてさらに1~2分加熱する。
③ バットなどに入れて冷蔵庫で冷やす。

●つくり方
① 生クリームの半量を耐熱ボウルに入れて電子レンジ(600W)で1~2分ほど温める。

② 板チョコは仕上げ用に1/8枚分をピーラーで削ってよけておく。残りのチョコは刻んで①のボウルに入れて溶かし、チョコが溶けたらボウルの底を氷水にあてて冷やしながらふんわりと泡立てたガナッシュをつくる。残りの生クリームは砂糖を加えて8分立てに泡立てる。

③ 食べやすい大きさにカットした市販のスポンジ、カスタードクリーム、ブルーベリー、ラズベリー、チョコクリーム、ホイップクリーム、ナッツを順に盛る。仕上げにピーラーで削ったチョコをちらす。

ほりえ先生のone point!

トライフルの魅力は、おうちにあるものやご家族の好きなフルーツなどを、自由に重ねるだけで簡単に楽しめるところです。チョコクリームにせず生クリームだけで作ったり、バナナやキウイなどお好みのフルーツに変えたりしてもOK。重ね順もあまり深く考えず、お子さんと一緒に自由に楽しんでくださいね。

大人用に楽しむなら、チョコクリームを作るときに、お好みでブランデーを加えるのもおすすめです。

冷凍マンゴーを使えばお手軽!「マンゴーとヨーグルトのトライフル」

次に紹介するのは、夏にぴったりのヨーグルトを使ったさっぱりとしたトライフル。マンゴーを存分に楽しめる「マンゴーとヨーグルトのトライフル」です。
※はちみつは1歳未満の乳児には与えないように注意しましょう

マンゴーとヨーグルトのトライフル

●材料/2人分
マンゴー(冷凍)……200g
無糖ヨーグルト……200g
はちみつ……大さじ1
市販のカステラ……2切れ
ミント(あれば)……適量

●つくり方
<下準備> 
ヨーグルトの半量(100g)を、ボウルの上にざるを置いて厚手のクッキングペーパーをしいた上にのせ、1~2時間冷蔵庫に置いて水切りをしておく。

① ミキサーにマンゴーの半量(100g)、ヨーグルトの半量(100g)、はちみつ大さじ1/2を入れてかき混ぜ、なめらかにする。

② 水切りしたヨーグルトに、残りのはちみつ(大さじ1/2)を加える。

③ 食べやすい大きさに切った市販のカステラ、マンゴー、①、②を順に盛りお好みでミントを飾る。

ほりえ先生のone point!

夏場におすすめのヨーグルトを使ったトライフル。マンゴーの代わりに桃やメロン、スイカなど旬のフルーツに変えてもおいしいです。

トライフルは、おうちにある容器で自由に作ってみましょう。ガラスの容器だと、トライフルの層が見えてかわいいですが、ご家族みんなで食べるならバットなどにたっぷり作るのもいいですね。

市販のプリンが大変身♪「ヨーグルトとプリンのトライフル」

こちらもヨーグルトを使ったトライフル。組み合わせるのは、市販のプリン!
カスタードクリームを作るよりも簡単で、子どもと一緒に作るのにぴったりです。
※はちみつは1歳未満の乳児には与えないように注意しましょう

ヨーグルトとプリンのトライフル

●材料/2人分
無糖ヨーグルト……200g
市販のプリン……2個
市販のスポンジ……適量
はちみつ……小さじ2
バナナ……1本
種なしぶどう……適量

●つくり方
① プリンはカラメル部分をのぞき、崩してなめらかにする。ヨーグルトにはちみつを混ぜておく。

② カップまたはバットに食べやすい大きさに切るか、手でちぎったスポンジをしき、層になるようお好みでヨーグルト、崩したプリン、輪切りにしたバナナ、種なしぶどうをのせる。最後に残しておいたカラメルをかける。

ほりえ先生のone point!

市販のプリンはお好みのものでOKです。焼きプリンやミルクプリンなどもよく合います。プリンを崩す工程は小さなお子さんでもできるので、お手伝いしてもらうのもいいですね。

プリンのかわりにコーヒーゼリーやぶどう、オレンジなどのフルーツゼリーを使ってもおいしいですよ!

まるで甘味処みたいな本格派「あんみつ風トライフル」

イギリス生まれのトライフルを和スイーツにアレンジ!
おうちで甘味処みたいな味が楽しめる「あんみつ風トライフル」です。

あんみつ風トライフル

●材料/2人分
A<寒天>
粉寒天……2g
水……250ml

B<白玉だんご>
白玉粉……70g
水……60~65ml

生クリーム……1/2カップ(100ml)
砂糖……小さじ1
カステラ……1切れ 
あずき缶……適量
桃缶……1切れ(1/2個分)
さくらんぼ……適量
黒蜜……適量

●つくり方
① 小鍋にAを入れ、よく混ぜてから中火にかけ、沸騰したら弱火にして1~2分、ゆっくりとへらでかき混ぜ、粉が溶けるまで煮る。バッドなどの容器に入れて、1時間ほど冷やし固める。

② ボウルにBを入れてこね、耳たぶ程度の固さになったら丸めて沸騰した湯に落としてゆでる。浮き上がってきてから1分ほどゆで、水を入れたボウルにとる。

③ 生クリームは砂糖を入れて8分立てに泡立てる。
※8分立て:ツノが立ち、少し曲って下を向く程度

④ グラス(またはガラスのボウルなど)に角切りにしたカステラ、あずき、③、食べやすい大きさに切った桃缶、角切りにした①、②を順にのせていく。仕上げに黒蜜をかけ、さくらんぼを添える。

ほりえ先生のone point!

寒天はつくりやすい分量のレシピになっています。あまったときは、黒蜜ときなこをかけて食べるのもいいですし、ポン酢、すりごま、青のりをかけてさっぱり食べたり、サラダにのせてドレッシングで食べたりするのもいいですよ。ヨーグルトに混ぜて、ナタデココ風に食べてもるのもオススメです。

寒天を手作りせずに、寒天入りのフルーツ缶詰を使えば、お手軽に楽しめます。

スポンジがわりに好きなクッキーを重ねて!「抹茶カスタードのトライフル」

最後に紹介するのは、スポンジやカステラのかわりにクッキーを重ねた「抹茶カスタードのトライフル」。お好みのクッキーで気軽に作ってみましょう!

抹茶カスタードのトライフル

●材料/2人分
生クリーム……1/2カップ(100ml)
砂糖……小さじ1
クリーム入りココアクッキー(オレオなど)……4~6枚
バナナ……1本
ラズベリー・ブルーベリー……各適量

<抹茶カスタードクリーム>
つくりやすい分量
卵……1個
砂糖……大さじ3
薄力粉……大さじ2
抹茶……小さじ2
牛乳……1カップ(200ml)

●抹茶カスタードクリームのつくり方
① 薄力粉と抹茶は合わせてふるっておく。耐熱ボウルに卵、砂糖を入れてすり混ぜ、白っぽくなったら薄力粉と抹茶を加えて混ぜる

② 牛乳を加えて混ぜ合わせたら電子レンジ(600W)で3分加熱し、ホイッパーでかき混ぜてさらに1~2分加熱したらバットなどにうつして冷やす。

●つくり方
① 生クリームは砂糖を加えて8分立てに泡立てる。

② カップにクリーム入りココアクッキーを崩して底に入れ、①、抹茶カスタードクリーム、輪切りにしたバナナ、ブルーベリー、ラズベリー、食べやすい大きさに砕いたココアクッキーを順にのせていく。

ほりえ先生のone point!

抹茶カスタードクリームは、冷蔵庫で3日ほど日持ちします。あまったときは、パンにのせてトーストにするとおいしいですよ!

抹茶を入れずに作るときは、バニラエッセンスを加えるとグッと風味が増します。大人用にはラム酒やブランデーなどの洋酒を加えるのもおすすめです。

ほりえさちこさん
料理家・栄養士・食育アドバイザー・ヨーグルトソムリエ・乳酸菌ソムリエ・飾り巻き寿司インストラクター。高校生の男の子のママで、育児経験を生かし栄養バランスの取れた、簡単でおいしい料理を得意としている。食育やスポーツ栄養などの講演、イベントもおこなっている。

好きなものを自由に重ねて作れるのが「トライフル」の魅力

「あまりもの」という言葉の意味が示すように、難しい決まりごとはなく、好きなものを自由に重ねて作れるのが「トライフル」の魅力です。生クリームやカスタードクリームのほか、お好みのアイスクリームを入れてもOK。フルーツも好きなものを好きなだけ入れて楽しく作ってみてくださいね!

おいしいスイーツに欠かせないのがおいしいコーヒー。おうちカフェ気分を盛り上げてくれる、おいしいコーヒーの淹れ方をこちらの記事で紹介しています。

ご家族で過ごすおうち時間。親子でスイーツづくりなど、一緒に何かを作って楽しむのもいいですね!
こちらの記事では親子で楽しめる「手づくりパフェ」を紹介しています。簡単にできて、自分の好きなものを自由にトッピングできるから、大人も子どもも楽しみながら作ることができますよ。

Top