ガス&電気の同時調理でつくる時短レシピ第二弾!甘くてやわらかい子どもウケもばっちり春野菜編

2021/04/05

新玉ねぎ、そら豆などの春野菜がおいしい季節になりましたね。甘くてやわらかく、苦みも少ない春野菜は、子どもも食べやすく、時短調理にもぴったりな食材です。忙しい平日の夕食準備にガス&電気の調理器具を使って、野菜たっぷりの主菜と副菜をパパッとつくる同時調理レシピ第二弾。今回はこの旬の春野菜を主役に、子どもウケもばっちりな時短レシピを、料理研究家、ほりえさちこ先生に教えてもらいました。

料理製作・スタイリング/ほりえさちこ 撮影/菅井淳子

レンジでできる「たっぷりニラと牛肉のチャプチェ」&魚焼きグリルで「そら豆のグリル」

最初にご紹介するのは、ごはんがすすむ「たっぷりニラと牛肉のチャプチェ」と、カレー塩との相性がぴったりな「そら豆のグリル」。電子レンジと魚焼きグリルを同時に使って、およそ15分で2品つくります!

●たっぷりニラと牛肉のチャプチェ

材料/2~3人分
はるさめ(乾物)……60g
牛薄切り肉……180g
玉ねぎ……小1個
ニラ……1/2束(50g) 
水……150ml (3/4カップ)
豆板醤……小さじ1/2~1(お好みの辛さに調整)
いりごま……適量
【A】
しょうゆ……大さじ2
砂糖……大さじ1と1/2
酒……大さじ1
鶏がらスープの素……小さじ1
にんにく(すりおろし)……1/2片分(小さじ1/2)

つくり方
① 耐熱ボウルに牛薄切り肉、薄切りにした玉ねぎ、Aを入れ軽く混ぜてラップをし、電子レンジ(600W)で3~4分ほど、玉ねぎがしんなりするまで加熱する。

② 水、春雨(乾物のまま)を耐熱ボウルに入れ、春雨が水分にひたるように全体を混ぜる。ざく切りしたニラをのせてラップをして、さらに3〜4分加熱する。

③ 子どもの分を取り分けたら、大人用にお好みで豆板醤を混ぜてから皿に盛り、いりごまをふる。

時短できるだけでなく、炒め油を使用しないからヘルシーなチャプチェのレシピです。通年スーパーで見かけるニラですが、春は出始めの葉がやわらかく、香りもしっかりあっておいしい時期。2度目の加熱の際に、たっぷり加えましょう。なお耐熱ボウルの大きさや使用する電子レンジによっても、加熱時間が前後します。工程②で3~4分加熱後、まだ春雨が固い場合は様子をみながら1分ずつ加熱を延長してください。

春雨は、小分けタイプのものがカットせずに使えるので便利です。牛肉を豚バラ、シーフードミックス、ツナ、あさり缶などに変えてもおいしいです。春巻きの具にしてもいいですよ。

●そら豆のグリル カレー塩添え

材料/2~3人分
そら豆……10~12本
塩……小さじ1/2
カレー粉……小さじ1/8

つくり方
① そら豆はさやごと魚焼きグリルに入れて強火で焼く。7~8分ほど加熱し(片面焼きタイプの場合は5分焼き、ひっくり返して2~3分焼く)、焼き色がついたら取り出して皿に盛る。

② 塩とカレー粉を混ぜ合わせ、そら豆にそえる。

春から初夏にかけて旬を迎えるそら豆は、ゆでるよりも焼いたほうが栄養が流出せず、しっかり摂れるのでおすすめです。さや付きのまま焼くと、蒸し焼き状態になって、ふっくら甘く仕上がります。小さいお子さんには、薄皮をむいてあげると食べやすくなります。

カレー塩の代わりに、粉チーズとあらびき黒こしょうをふってもおいしいですよ。

お弁当にもうれしい“揚げない”「新玉ねぎと三つ葉のツナ春巻き」&「きぬさやのごまあえ」

続いてご紹介するのは、こちらも魚焼グリルを使用することで油の使用を最小限におさえた、 “揚げない”「新玉ねぎと三つ葉のツナ春巻き」と、「きぬさやのごまあえ」です。どちらもヘルシーでお弁当のおかずにもぴったりの春レシピです!

●新玉ねぎと三つ葉のツナ春巻き

材料/2~3人分
新玉ねぎ……1個
三つ葉……1/2束
ツナ缶……1缶
春巻きの皮……8枚
ピザ用チーズ……120g
塩……適量(目安は小さじ1/4程度)
あらびき黒こしょう……適量
サラダ油……適量

つくり方
① 新玉ねぎは薄切り、三つ葉はざく切りにする。ツナは汁けをきり、塩、あらびき黒こしょうを混ぜる。
② 春巻きの皮に①の各1/8量とピザ用チーズ15gをのせて巻き、水をつけて閉じる。

③ 魚焼きグリルの網に薄く油をぬり、②を閉じたところを下にして並べる。春巻の両面に薄くサラダ油を塗り、魚焼きグリルで中火で5~6分ほど(片面焼きの場合、4分焼いたらひっくり返してさらに1~2分)焼く。

春が旬の新玉ねぎと三つ葉を使った“揚げない”春巻きはヘルシーで、油の処理が不要だから調理のあと片づけもラク。魚焼きグリルの代わりに、オーブントースターを使用してもOKです!また春巻きに塗るサラダ油は、両面に塗るとカリっと仕上がりますが、カロリーを少しでも抑えてヘルシーに食べたい方は、上面だけに塗るとよいでしょう。

甘くて辛みの少ない新玉ねぎは、水にさらす必要はありません。ツナの代わりにウインナーの輪切りやベーコンなど、おうちにあるもので代用できるので、お好みに合わせていろいろ試してみてもいいですね。

●きぬさやのごまあえ

材料/2~3人分
きぬさや……120g
【A】
白すりごま……大さじ1
しょうゆ……大さじ1/2
砂糖……小さじ1

つくり方
① きぬさやは両側のすじを取り除いたら耐熱ボウルに入れ、水少々(分量外)を入れてラップをし、電子レンジ(600W)で2分ほどしんなりするまで加熱する。

② 水けをきり、【A】を入れて和える。

春から初夏にかけて旬を迎えるきぬさや。緑色が鮮やかで色が濃いもののほうが甘みがあるので、八百屋やスーパーで見極めてみてください。

また調味料Aを塩、にんにく(すりおろし)各少々、ごま油小さじ1、白いりごま大さじ1に変えて和えればナムルになります。旬の野菜は安価で栄養価も高いので、いろいろな調理方法でたっぷり食べたいですね!旬の時期ならではの香りや甘み、食感を楽しみましょう。

ほりえさちこさん
料理家・栄養士・食育アドバイザー・ヨーグルトソムリエ・乳酸菌ソムリエ・飾り巻き寿司インストラクター。中学生の男の子のママで、育児経験を生かし栄養バランスの取れた、簡単でおいしい料理を得意としている。食育やスポーツ栄養などの講演、イベントもおこなっている。

時短+アツアツが楽しめる同時調理で“春”を満喫しましょう

ガスと電気、別々の調理器具を同時に使うことで、主菜と副菜がいっぺんにできるだけでなく、アツアツが食べられるのが「同時調理」のいいところ。平日の夜も、愛情と栄養たっぷりの手づくり料理で家族だんらんのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

⇨15分で2品!ボリュームたっぷりな同時調理レシピ第一弾はこちら

また旬の食材を使うことは、食育にもつながります。今回の同時調理レシピは、野菜が苦手なお子さんでも食べやすい、甘くてやわらかい春野菜を使いました。このほかにも『ひなたおたより』ではスナップエンドウや春キャベツなどの春野菜を使った、お酒にもごはんにもあうおうち居酒屋レシピをご紹介しています。こちらのおつまみも合わせて、家族で“春”を存分に楽しんでみませんか?

⇨おうちで居酒屋気分!春野菜を使ったおつまみレシピはこちら

Top