料理研究家に学ぶ!家族で楽しむ「おうち居酒屋」レシピ【旬の春野菜編】

2021/03/10

だんだんと春が近づき暖かくなってくると、おいしくなるのがキャベツや玉ねぎなどの春野菜。甘くて栄養たっぷりだから、お子さんにもたくさん食べてほしいですね。

今回はおうち居酒屋を楽しめる春野菜を使ったおつまみ4品を、料理研究家のほりえさちこ先生に教えてもらいます。どれもお酒にも合い、子どもも大人も喜ぶ簡単レシピ。家族で旬をおいしく楽しく味わいましょう。

料理製作・スタイリング/ほりえさちこ 撮影/菅井淳子

シャキシャキ食感を楽しむ!「スナップエンドウのガーリック炒め」

はじめに紹介するのは、子どもにも人気の「スナップエンドウ」。ゆででマヨネーズなどをつける食べ方がポピュラーですが、炒めものにしてもスナップエンドウの甘さがしっかりと感じられて、お箸が止まらないおいしさです!

●スナップエンドウのガーリック炒め

材料/2~3人分
スナップエンドウ……120g
にんにく(みじん切り)……小1片
オリーブ油……小さじ2
塩・あらびき黒こしょう……適量

つくり方
①スナップエンドウは両側のすじを除く。

②フライパンにオリーブ油、にんにくを入れて弱火にかけ香りが出たら中火にし、スナップエンドウを炒める。約2〜3分ほどして火が通ったら塩で調味し、あらびき黒こしょうをふる。

ベーコン&粉チーズをかければ子どもが喜ぶ味に!

にんにくが苦手な方や子ども用には、にんにくを使わずにベーコンを加えてスナップエンドウと一緒に炒めるのもおすすめ。仕上げに粉チーズをまぶしてサッと炒め合わせるだけで、風味豊かなひと品が完成します。

ほりえ先生のone point!
甘みがあってクセの少ないスナップエンドウは、野菜が苦手でも食べられる子どもも多いので、この時期はさまざまな料理で食卓に登場させたいですね。ゆでたスナップエンドウにクリームチーズ、しょうゆ、かつおぶしを混ぜて「チーズおかかあえ」にするのもカルシウムが摂れておすすめですよ!

手軽につまめる「新玉ねぎのシャキシャキエビトースト」

次にご紹介するのは、手軽につまめてついつい手が伸びてしまう「新玉ねぎのシャキシャキエビトースト」。新玉ねぎのみずみずしい食感とほんのりとした甘さが、えびやパンともよく合います。

●新玉ねぎのシャキシャキエビトースト

材料/2~3人分
新玉ねぎ……1/2個
むきえび……60g
食パン……2枚
マヨネーズ……大さじ1
ケチャップ……小さじ2
塩……少々
バター……適量
ピザ用チーズ……50g
ドライパセリ(お好みで)……適量

つくり方
①新玉ねぎは薄切りにする。むきえびは包丁でたたいて耐熱容器に入れ、水少々をふりレンジで1分加熱したら水けをきり、マヨネーズ、塩を混ぜる。

②食パンにバターとケチャップを塗り、新玉ねぎ、えび、ピザ用チーズをのせてオーブントースターでチーズに焼き色がつくまで焼く。1枚を4等分に切り、ドライパセリをちらす。

スイートチリソース&パクチーでエスニック味にアレンジ!

ケチャップの代わりにスイートチリソースを塗り、仕上げにパクチーを乗せればエスニックなトーストに変身。パクチー好きな方はたっぷり乗せてください!さらに仕上げにタバスコをかけてもよいでしょう。

ほりえ先生のone point!
新玉ねぎは辛みが少ないので、生で食べるのもおすすめ。スライサーなどで薄切りにして、かつおぶしを乗せてポン酢をかけたり、ゆで卵&マヨネーズであえたりするのもおいしいです。

調味料2つで絶品おつまみ「たけのこの漬け焼き」

たけのこは春の訪れを感じさせてくれる代表的な食材。この時期のおいしいたけのこを使って、ご飯にもお酒にも合うひと品をご紹介します。

●たけのこの漬け焼き

材料
たけのこ(下茹で済み)……1本(300g)
万能ねぎ……適量
七味唐辛子(お好みで)……適量
【A】
しょうゆ……大さじ4
みりん……大さじ2

つくり方
①たけのこは薄切りしてAに約1時間漬ける。

②魚焼きグリルで中火で焼き目がつくまで3~4分焼く。器に盛り、小口切りにした万能ねぎをちらし、七味唐辛子をふる。

ご飯と混ぜておにぎりにするのも◎

焼いたたけのこを粗めのみじん切りにして、温かいご飯にまぜれば、子どもがパクパク食べてくれるおにぎりに!焼きおにぎりにするのもいいですね。

お酒に合うよう甘さ控えめのレシピなので、甘みがほしいときは漬けダレに砂糖を少々加えましょう。

ほりえ先生のone point!
市販のゆでたけのこでもOKですが、生のたけのこが出回る時期なら、おうちでゆでたものでつくるとより豊かな風味や食感が楽しめます。「1本もゆでて食べきれるかな……」と思うかもしれませんが、たけのこは中華風の炒め物やパスタ、煮物など和洋中に合う万能食材。いろいろなメニューに使えるので、春ならではの味わいを、お子さんと一緒に楽しんでみてください。ゆでたたけのこは、タッパーなどに入れて水に浸し、冷蔵庫で保存します。毎日水を取り替えながら、5日~1週間ほどで食べきるようにしましょう。

もしも下ゆでしたタケノコがあまったときは、1~2cm四方に切って、お好みでにんじん、油あげなど加えてしょうゆ、酒、みりんなどで煮て小分けにして冷凍保存しましょう。好きなときに解凍してご飯にまぜるだけで、手軽にたけのこご飯が楽しめますよ!

レンチンでできる万能そぼろで「春キャベツと肉そぼろのチーズ焼き」

最後にご紹介するのは、あまくてみずみずしい春キャベツを使った「春キャベツと肉そぼろのチーズ焼き」。生でもおいしく食べられる春キャベツなので、チーズが溶ければOK! 電子レンジでチンするだけの万能肉そぼろを使って、オーブントースターでサッとつくれます。

●春キャベツと肉そぼろのチーズ焼き

材料/2~3人分
春キャベツ……100~120g
合いびき肉……100g
ピザ用チーズ……50g
【A】
しょうゆ・酒……各小さじ2
砂糖……小さじ1/2~1
しょうが(すりおろし)……小さじ1/2

つくり方
①耐熱容器に合いびき肉、Aを合わせてレンジで2分加熱する。一度混ぜ合わせてさらに30~40秒加熱してそぼろをつくる。耐熱皿にちぎった春キャベツを盛る。

②肉そぼろとピザ用チーズをのせ、オーブントースターで焼き目がつくまで焼く。

きゅうり、豆腐……万能肉そぼろは何にでも合う!

電子レンジでチンしてつくる万能肉そぼろは、なんにでもよく合います。写真のようにスティック状に切ったきゅうりにのせたり、お好みの茹で野菜、豆腐などと合わせたりしてもおいしいので、覚えておくと普段の食事づくりでも重宝しますよ!

ほりえ先生のone point!
春キャベツは柔らかくえぐみも少ないのでちぎってみそを添えたり、塩やごま油をかけるだけでも十分に楽しめます。シンプルに旬の味を味わうのもいいですね。

このレシピはオーブントースターではなく、電子レンジを使って蒸し煮風にするのもおすすめです。春キャベツのシャキシャキ感が残るよう、加熱は短めにするのがポイントです。

また肉そぼろをつくるときに、豆板醬を加えるとピリッと辛くなってお酒のおつまみにぴったりのひと品に。夫婦で楽しむ晩酌のおつまみにどうぞ!

ほりえさちこさん
料理家・栄養士・食育アドバイザー・ヨーグルトソムリエ・乳酸菌ソムリエ・飾り巻き寿司インストラクター。中学生の男の子のママで、育児経験を生かし栄養バランスの取れた、簡単でおいしい料理を得意としている。食育やスポーツ栄養などの講演、イベントもおこなっている。

⇨家族の食卓がより楽しくなるほりえさん監修の「おうち居酒屋」レシピはこちら

「おうち居酒屋」で家族の会話が増えれば暮らしがもっと豊かになる

家族の好きなメニューを用意した「おうち居酒屋」なら、おうちでリラックスしてくつろぎながら家族団欒のひとときを過ごせます。今回ご紹介したレシピは、どれも旬の春野菜を使ってできる簡単なものばかり。旬の野菜は比較的安価で栄養価も高いので、アレンジレシピと合わせていろいろ試してみてはいかがでしょうか。

『ひなたおたより』では、このほかにもおうち時間を楽しむさまざまなアイデアをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

⇨ほかにもあります!おうち時間の楽しみ方はこちら

<関連記事>
最近家族との会話が減ったかも…そんなときこそ、月に一度の“家族会議”をはじめませんか?

Top