「リフォーム」とは何が違うの?自分らしい暮らしが実現する「リノベーション」物件のメリット

2021/01/27

ライフステージの変化にともない、新しい住宅の購入を検討している方はいませんか?今、コロナ禍で働き方が変わり、住まいのあり方を見直そうという方が増えています。もちろん、新築も魅力的ですが、新しい住まいを探すにあたり、自分らしい暮らしを実現する「リノベーション」物件という選択肢があります。でも、リノベーションはよく聞く「リフォーム」と何が違うのでしょうか?リノベーションのメリットや、リフォームとの違い、リノベーションの進め方についてご紹介します。

リノベーションとは

実のところ「リノベーション」と「リフォーム」は、どちらも国で定められた明確な定義はありません。メディア、リフォーム会社、リノベーション会社など、それぞれが独自の解釈で使い分けています。したがってどちらの言葉で表現しても間違いではありませんが、住まいに手を加える際の意図や目的で使い分けられているケースが多いようです。

今回は一般社団法人 リノベーション協議会の定義に基づき「リノベーション」と「リフォーム」を比べてみます。

「リノベーション」とは、既存の建物に対して新たな機能や価値を加える改装工事のこと。たとえば、3LDKから1LDKにする、窓のないキッチンを自然光の入る現代的で機能性の高いものに変更するなど、おもに住む人に合わせて機能を刷新し、暮らしやすくすることを目的におこなわれます。

一方、老朽化した部分を修復する、古くなったスペースを新しく改装する、といった場合は「リフォーム」と呼んでいます。リフォームは、マイナスの部分を修復してプラスに戻す、新築当時の状態にリフォームするというような意味合いで使われています。

リノベーションのメリットは「住む人の暮らしに合わせられる」

リノベーションでは間取りから内装・配管など、すべてを既存の枠組みを超えてゼロから考え直すことができます。これから住む人たちの暮らしに合わせてつくり替えることで機能を刷新し、改修することで新しい価値を生み出します。新築物件と比べてリノベーションにはどんなメリットがあるのか、まとめました。

メリット①自由に設計できる

古臭くなってしまった内装のデザインや、機能性が衰えてきた設備機器の交換のほかに、大胆に水回りの位置や間取りを変更することもできるのが新築マンションや建売住宅にはないリノベーションの魅力。住居に合わせて住む人が生活スタイルを変えるのではなく、住む人の生活スタイルに合わせて住まいを変えることができます。

メリット②価格が安い

新築物件は、築年数の経過とともに資産価値がどんどん下がり、築20年を超えたあたりからほぼ横ばいとなる傾向にあります。したがって、購入後の資産価値の目減りが小さく、新築に比べて価格が3~4割安い築20年以上の中古物件を購入し、リノベーションして暮らすのも賢い選択かもしれません。

メリット③物件選びの選択肢が増える

「子どもの学区は変えたくない」「会社まで乗り換えなしでいける〇〇線沿がいい」など、引っ越しを検討する上でそれぞれの家族で希望するエリアや条件があります。でも希望エリアで希望通りの物件を探すのは案外むずかしいもの。駅近や人気エリアなどに新しい物件がつくられることは稀なうえに、見つかったとしても高額で手が出ない……なんてことも。

それと比較して中古物件であれば新築よりも物件数が多いため選択肢が広がります。

リノベーションの注意点は?

メリットの多いリノベーションですが、注意点もあります。まずはゼロからつくり替えることができる分、工事費用が高くなりがちなことが挙げられます。予算のなかで物件購入費用と工事費用のバランスをとりながらよく検討することが大切です。また解体して工事を始めてみてから発覚する劣化などもあり、プラン変更や追加の補修費用などの想定外の出費にも備えておく必要があります。

そして比較的工事が大規模・広範囲になりやすいため、購入から引き渡しまでに一定の時間がかかります。ほかにマンションの構造によっては必ずしも希望通りの間取りには変更できなかったりすることもあります。

リノベーション物件に住みたい!と思ったら……工事の進め方

リノベーション物件に住みたいと思ったら、次のステップで工事を進めます。

①物件を探して購入する
②引き渡しを済ませる
③リフォームローンの借り入れ手続きをする
④工事部分の契約を結ぶ
⑤デザイナーと設計を相談し、工事を開始する

中古住宅を購入する際のリノベーション費用を借り入れる場合は、一般の住宅ローンではなくリフォームローンになります。一般的に住宅ローンよりも少し金利が高くなることを覚えておきましょう。

購入する物件が決まり、ローンの審査が通ってリノベーション工事が始まり、完成した住まいが引き渡されるまでには平均して3.5~4カ月程度かかるのが一般的です。物件探しにかかる期間は人それぞれですが、遅くとも入居したい日から半年前を目安に検討を始めるとよいでしょう。

リノベーションの一般的な費用相場は?

リノベーションはもちろん、工事する場所や広さ、内装デザイン、物件の階数によって費用は大きく異なります。部分的な工事なら100~300万円程度という場合もありますが、間取りを大きく変更する場合などは、500万円以上かかることもあります。

キッチンやトイレなどの水回りを最新のものに変更したり、フローリングの材質を変えたり、一つひとつの工事は小規模であっても、その種類や選択肢はかなり多くなります。どういう住まいにしたいのかよく検討したうえで、予算をふまえてデザイナーや工事業者としっかりと打ち合わせをして工事内容を決めていくことが大切です。

お引越しがきまったら……ガス&電気代の見直しを!

新しい家のことを考えるのは、ワクワクしますよね。そのなかでも自分らしい暮らしが実現する「リノベーション」物件。新築ももちろん素敵ですが、住宅の購入を検討する際には、家族の生活やスタイルに合わせてリノベーション物件も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

大きな買い物をしたら、家計をあらためて見直すことも大切。ヒナタオでんき&ガスでは、ちょっとしたギフトが定期的に届く「新生活応援プラン」もご用意しています。お引っ越しと併せて毎月かかる電気代やガス代も見直してみませんか。

Top