家族みんなでやるから楽しい!手づくり“おうちパフェ”アイディア5選

2020/12/07

大人も子ども大好きなデザート「パフェ」。カフェや喫茶店でおいしそうにデコレーションされたパフェのメニューを見ると、ついつい注文したくなりますよね。そんなお店で食べるイメージが強いパフェですが、最近は「おうちカフェ」ブームもあって、ご家庭でパフェをつくって楽しむ人が増えています。

つくり方は、好きな具材を用意してトッピングしていくだけ。意外と簡単にできて、自分の好きなものを自由にトッピングできるから、大人も子どもも楽しみながらつくることができます。今回は、めんどうな準備や特別な道具は使わずに簡単につくれる「おうちパフェ」のアイディアをご紹介します。

冷凍フルーツをミックス!「ベリーベリーベリーパフェ」

「おうちパフェ」にルールはありません。好きな食材を自由に、グラスやお皿に好きなように盛っていくだけ。食べたいときにいつでも食べられるのが「おうちパフェ」の魅力です。

お店で注文するパフェは、フレッシュなフルーツが一般的ですが、おうちパフェならば冷凍フルーツや缶詰でもOK!最初にご紹介するのは、冷凍ベリーミックスを使ったパフェです。

●「ベリーベリーベリーパフェ」

<使ったもの>
・冷凍のベリーミックス(ストロベリー・ブルーベリー・ラズベリー)
・コーンフレーク
・ホイップクリーム
・アイスクリーム(バニラ)
・ミントの葉(飾り)

カップの底にはコーンフレークを入れましたが、グラノーラでも代用できます。上に乗せるアイスクリームは、ベリーミックスとそろえていちご味にしたり、チョコレート味に変えてみたり、好みに合わせて自由につくってみましょう。

冷凍フルーツは好みでアレンジOK!

こちらはトッピングのフルーツを冷凍マンゴーに変えたバージョン。好きなフルーツとアイスクリームを冷凍庫にストックしておけば、いつでも好きなときにおうちでパフェが楽しめます。コーンフレークとホイップクリームのあいだに、フルーツジャムをはさむのもおすすめです。

あんこに白玉、わらびもち……和食材でつくる「大人の和パフェ」

あんこ、白玉団子、わらびもち、干し芋など、お好みの和食材に、抹茶のアイスクリームとホイップクリームを添えた甘すぎない「大人の和パフェ」。濃い緑茶やコーヒーがよく合う一品です。トッピングは、抹茶以外にもバニラアイスクリームや寒天にきな粉をまぶしていただくのもおすすめ。

●「大人の和パフェ」

<使ったもの>
・あんこ
・白玉団子
・わらびもち
・干し芋
・アイスクリーム(抹茶)
・ホイップクリーム

チョコミン党にはたまらない!「チョコミントバナナパフェ」

「チョコミン党」と呼ばれるファンまでいるほど、最近人気のチョコミント。「大好きなチョコミントを思う存分味わいたい!」という方は、その夢を「おうちパフェ」で叶えましょう。アイスやチョコなど、好きな「チョコミント」を好きなだけトッピングしてください!

●「チョコミントバナナパフェ」

<使ったもの>
・ミントチョコ
・アイスクリーム(チョコミント)
・バナナ
・ホイップクリーム
・ブラウニー
・ミントの葉(飾り)

写真のグラスは、100円均一ショップで購入した脚のついたプラスチックカップを使用しています。100円均一ショップに行けば、「おうちパフェ」にぴったりなグラスやカップがいろいろと見つかりますよ!

パフェ用の専用グラスを用意しなくても、ワイングラスやいつものコップやお皿でもOK。小さいものから大きいものまで、食べたいサイズに合わせて容器を選べるのも「おうちパフェ」ならではの楽しみ方です。

好きなものを好きなだけトッピング!「夢のおかしパフェ」

パフェのトッピングは、フルーツだけとは限りません。こちらは好きなお菓子を好きなだけトッピングした、夢のようなパフェ!お店では見たこともない組み合わせでも、おうちパフェならつくることができます。好きなものを好きなだけ用意して、自分だけのオリジナル「夢のお菓子パフェ」をつくってみましょう!

●「夢のお菓子パフェ」

<使ったもの>
・コーンフレーク
・カステラ
・ホイップクリーム
・アイスクリーム(バニラ)
・お好みのお菓子
・いちご(飾り)

マシュマロやプリン……好きなものをのせてOK!

トッピングのお菓子やアイスクリームを変えれば、「夢のお菓子パフェ」のアレンジは無限大。大人はついつい、「●●と▲▲は合わないかも……」と考えてしまいがちですが、子どもたちの自由な発想から生まれた組み合わせが案外おいしい!なんてこともよくあります。あれこれと口出しせずに、家族それぞれで自由にトッピングして、味比べをしてみるのも楽しいですよ。

目覚めの1杯「甘酒とヨーグルトのヘルシー朝パフェ」

最後に紹介するのは、朝におすすめしたい「目覚めのパフェ」。ヨーグルトやグラノーラ、キウイといった朝食の定番をグラスに入れて、甘酒をかけていただく“ヘルシーな1杯”です。朝から気兼ねなく好きなパフェが食べられるのも、「おうちパフェ」の魅力ですね、

●「甘酒とヨーグルトのヘルシー朝パフェ」

<使ったもの>
・甘酒
・ヨーグルト
・キウイ
・グラノーラ

ヨーグルトや甘酒、フルーツはお好みのものでOK。ヨーグルトは無糖でも甘みのあるものでもよく合います。時間に余裕があれば、前日の夜からヨーグルトを水切りしておくと水っぽくならずに、より濃厚な味わいが楽しめるのでぜひ試してみてください。

自由なアイディアの「おうちパフェ」でおうち時間を楽しみませんか!

お店で注文するパフェは見た目も食材も豪華で「つくるのは大変そう……」と思われがちですが、今回、ご紹介したようにつくるのは意外に簡単ですね。しかもおうちパフェには、好きなものを好きなだけ食べられるだけでなく、家族でワイワイ盛り上がりながらつくる楽しみがあります。特別なトッピングは不要。おうちにあるものでつくることができ、お店のパフェのようにきれいにデコレーションする必要もありません。自由な発想で食材を組み合わせて、ちょっとくらい形が崩れてしまっても気にしないのが、おうちパフェの楽しみ方です。

まだまだ気軽に外食にでかけることもままならない今、ステイホームの楽しみのひとつとして家族みんなでおうちパフェをつくってみませんか。

ほかにもおうち時間を楽しむアイデアを知りたい!という方は、こちらのコンテンツもご覧ください!

Top