人気ミニマリストに学ぶ、ミニマルライフ10のポイント。メリットと断捨離のコツとは?

2021/03/22

シンプルな暮らしに憧れ、断捨離しようと思っても、整理整頓や物を捨てることが苦手でなかなか部屋が片づかないという方、いませんか?

「断捨離」という言葉とともに、なるべく最小限の物で生活する「ミニマルライフ」が、今注目を集めています。そこで今回は、ご自身のミニマルライフを配信したインスタグラムが人気の「__minimal.ig」さんに、ミニマルライフの効果や実践するコツをお伺いしました。

断捨離のすすめ。ミニマルライフの暮らしとは?

断捨離が楽しく感じるように

今では、すっきりと整理整頓された部屋になっていますが、私もかつてはたくさんの物に囲まれた暮らしをしていました。特に子どもが小さかった頃は、部屋には物があふれていました。

本格的に断捨離をしようと決断したのは、父の遺品整理のときです。物によってなかなか捨てる決心がつかずに悩み、何より物が多すぎて業者さんに頼まなければならず、とても大変でした。そのとき、ふと自分にもしものことがあったとき、子どもになるべく負担をかけたくないなと思ったのです。

それに加えて仕事の都合で引っ越しが多くなったこともあり、フットワーク軽く暮らせるようにと10年ほど前から少しずつ断捨離を進めて、現在はミニマルな生活をしています。

無理なく暮らすことが大事

断捨離を進めるにあたり、ミニマルにしようと自分を追い込むようなことはしていません。昔は物がたくさんあることが幸せだと思っていましたが、減らしていくとだんだん物がないことが楽しくなってきて、今は物がないことに幸せを感じています。ミニマルな暮らしをすると、掃除がしやすい、散らからない、探し物をしなくていい、同じものを買わないなど、いろいろな効果があることに気がついたのです!では、具体的にどのようなメリットがあるのか、詳しくお話していきましょう。

【ミニマルライフのメリット①】同じものが増えない!

以前はすでに所有していることを忘れて、同じものをいくつも買ってしまうことが度々ありました。管理ができていないと、ハサミあったかな?ガムテープあったかな?と、わからずに買ってしまいがち。持ち物をミニマルにすることで、家族みんながどこに何があるかを把握できるので、重複して買うことはなくなりました。

【ミニマルライフのメリット②】執着心がなくなる!

ミニマルでいることで、いる物といらない物の判断が早くなり、執着心がなくなっていきます。

もちろん、大事なものは大切にします。ですが、本当に大事な物や必要な物はそれほど多くはありません。そのことに気がつくと、物への執着心がなくなり、もしも物をなくしてしまったとしても、それが本当に大事なものでなければすぐに気持ちを切り替えることができ、立ち止まらずに進むことができると私は思っています。

【ミニマルライフのメリット③】節約ができる!

物を減らすと、節約もかないます。

私にとって断捨離したことでもっとも大きな節約となったのは、車を手放したことでしょうか。これによって、年間で数十万円の節約になりました。

たとえば車があると、無駄に買い物をしてしまいませんか?私はもともと買い物好きだったこともあり、車があるとわざわざ遠出して買い物に行ったりしていました。ところが車をなくすことで、自然と物欲も薄れていったのです。結果的に無駄な買い物はなくなり、断捨離が節約にもつながったというわけです。

家自体をミニマル化!

さらに私は引っ越しのたびに、少しずつ住む部屋を小さく、ミニマル化することにしています。部屋に入るだけのもので生活しようとすると、自ずと物が減ります。部屋数が少なくて収納が多く、家具がいらないような物件選びがポイントです。

現在は、35平米の1LDKに夫とふたり暮らし。仕事もリビングでできるので、事足りています。おかげで、住居費が最大時から半分ほどに節約できるようになりました。こうして浮いたぶんは、老後のための貯金にまわすことにしています。

【ミニマルライフのメリット④】掃除がしやすい!

家は狭くて物がないので、あっという間に掃除が終わります。朝ドライシートでホコリを取って、たまに水拭きをする程度。家具が少ないと、ホコリもたまりません。

【ミニマルライフのメリット⑤】運気が上がる!?

ミニマリストは、風水的にも良いと言われています。私は、断捨離をしてミニマルな暮らしをはじめてから、運気が上がりました。仕事や人付き合いがうまく運び、ストレスの要因が不思議と減ったのです。

いろいろな人と関わったほうがチャンスになるという考えもありますが、やはりストレスになることもあります。こうした人付き合いに関しても、断捨離のおかげで“断る力”が養われました。その結果、不要な誘いがなくなり、自分の価値観に合った人しか集まってきません。そういった意味では、物も人間関係もミニマルになり、惑わされることがなくなりました。

価値観や考え方はいろいろとありますが、このように思い切ってミニマルにしたことで、いろいろな変化が生まれました。ミニマルライフも悪くないと思いませんか?

【断捨離のコツ①】断捨離は小スペースから

では、どのように私がミニマルライフを実現したのか、断捨離するコツをご紹介していきましょう。

最初は物を捨てたり、処分したりすることには抵抗があります。そこでまずは小さなものから始めることがひとつ目のコツです。急に大きな家具や思い入れのある物を捨ててしまうには悩んだり、結局結論を出せずに心が折れてしまったりするので、最初は何本もあるペンや、明らかに壊れている物、一年以上使っていない物などを処分してみてください。引き出しなど、小さいスペースを整理することからはじめるとよいと思います。

【断捨離のコツ②】シンプルで気に入ったものを選ぶ

部屋はわりとすっきりとしていますが、実はインテリアにこだわりはありません。ただ飽き性なので、無印良品やニトリなどで色が少なく、できるだけシンプルなものを選ぶように心がけています。そのため統一感があるように見えるのかもしれません。

たとえば食器などは100円ショップで買うこともあれば、器屋さんで高いものを買うこともあります。好き好きでよいと思いますが、なるべく柄や色がないミニマルデザインのほうが、料理を選ばず使いやすいと私は思っているのですが、みなさんはいかがでしょうか?

【断捨離のコツ③】洋服はワンシーズンで着倒す!

たとえば、高い服は買っても着ないともったいないので、普段着はなるべくGUやユニクロで買っています。基本は着倒してワンシーズンで断捨離。傷んでいなかったら次の年にもまわし、春夏、秋冬で10着ずつ程度を着まわしています。

流行りに流されないようなベーシックな服を選ぶようにして、今は一年で4着程度しか買いません。特に私の場合、出かけるときはアウトドアに行くことがほとんどなので、オシャレして出かけることがあまりないということも、服が少ない理由のひとつです。

私が唯一、物欲をかきたてられるのがカメラ機材。写真を撮るのが好きで、仕事でもカメラを使っているので、やはり良いものが欲しくなります。

でもそのほかの物については、断捨離をはじめてから物欲もなくなりました。昔は洋服も含めて買う予定のないものをついつい買ってしまうこともありましたが、結局着なかったり、捨ててしまうことがわかってきたら、買う意味もないと思うようになったのです。

【断捨離のコツ④】レンタル・サブスクを活用する!

カメラのほかに、もうひとつ悩まされるのが趣味のアウトドアグッズ。いろいろな道具が欲しくなったりすることがありますが、やはり買うとキリがないのでなるべく借りるようにしています。車もレンタカーです。レンタカーは会員割引で、都度1,000円引きになるなど上手に利用するのがコツです。

最近は、本当にいろいろなものが借りられる時代。本も所有するとかさばるし、断捨離に選ばれがちなので、サブスクか図書館を利用しています。結婚式に着ていく服もレンタル。日常に本当に必要なものは購入し、時々使うようなものはレンタルで済ますと、少しずつミニマリストに近づくので、ぜひ活用してみてください。

【断捨離のコツ⑤】家の整理は共有部分の物を減らすことからはじめる!

ひとつ目に紹介したコツで、断捨離は小スペースからはじめるとよいとお伝えしましたが、では部屋の整理整頓はどこからはじめればよいのでしょうか。

家族と暮らしている場合は、共用部分から手をつけることをおすすめします。断捨離というと個人の物からはじめがちですが、まずは共有部分の物を減らすことでみんなの意識を変えることができます。リビングの景色が変わり、生活しやすくなったことを実感できれば自然と自分たちの部屋も片づけようと思うはずです。

夫も私が断捨離をしはじめたことで、自分の所有物も少しずつ減らしてミニマルにしようとしているようです。きっとそちらのほうが楽だということに気がついたのでしょう。

断捨離は禅の境地?

ミニマルライフを実現するコツをご紹介してきましたがいかがでしたか?

執着を捨てることで、いろいろなことが変わります。もちろん、趣味や自分が譲れない部分はこだわってもよいけれど、断捨離を実行するには“あきらめ”が肝心です。嫌なことに振りまわされなくなるのは、断捨離に耐えられたからこそ。きっと、精神的な余裕ができるのだと思います。

物体はなくなってしまうので、精神的な部分をどのように養っていくかを考えたとき、私にとって物はそんなに重要ではありませんでした。断捨離は、禅宗の考え方に通じるところがあると感じています。そういうものとリンクさせて発信するとわかりやすいので、インスタグラムでもたまに禅のことについて触れています。

今、新型コロナウイルス感染症の影響で、暮らしに対する考え方が変わったという方が増えています。これまでステータスだと思っていたことは無意味だったことに気がついたり、本当に必要なもの、大切なものが明確になってきたという方もいます。ライフスタイルを柔軟に変化させて何があっても対応できるように、今は暮らし方をあらためて考え直すよい時期でもあるのかもしれません。ミニマルライフもそのなかのひとつ。今回、ご紹介したミニマルライフのメリットや断捨離するコツが、みなさまの暮らしのヒントになれば幸いです。

__minimal.igさん
10年くらい前から断捨離を少しずつ進め、小さく、潔く暮らすミニマルライフを実現。「暮らしも思考もシンプルに」をテーマに、そのミニマルライフの暮らしぶりをインスタグラムで配信し多くのフォロワーを持つ。現在は、35平米の1LDKに夫とふたり暮らし。
暮らしも思考もシンプルに

ミニマルな暮らしで生活を見直してみましょう

断捨離で物をできる限り減らすことは、心の整理にもなるのですね。必要と思っているものでも実はなくてもまったく問題なかったり、家の中を見まわすと使っていないものが多いかもしれません。今回、ご紹介した「__minimal.ig」さんの断捨離の進め方を参考に、まずは引き出しの中からいらない物の整理をはじめてみませんか。少しずつ部屋が片づいていけば頭も心もすっきりして、もしかしたら運気が上がるかもしれません!

日々のお掃除タイムはミニマルライフを実現するために、いらない物がないか点検するチャンス。『ひなたおたより』では、日々の掃除から年末などの大掃除、家族で進める掃除のコツなど、掃除に関するさまざまな情報をご紹介しているのでこちらもご覧ください。

⇨日々の掃除を楽にエコにおこない、部屋を片づけたい方はこちらへ!

また同じシンプルライフでも、考え方はいろいろあります。「シンプルライフ」のブログが人気の整理収納アドバイザーRinさんは、断捨離はおこないますが、物を最小限にするミニマルとは少し違うアプローチでシンプルライフを実現しています。Rinさんの考える「シンプルライフ」のすすめも、ぜひ参考にしてみてください。

⇨整理収納アドバイザーRinさんのシンプルライフのすすめはこちら

Top