ハンガーを変えればクローゼットが変わる!正しく使って収納名人に!

2020/11/13

「クローゼットの中がいつもごちゃごちゃになりがち……。どうやったらすっきり収納できるんだろう?」。そんな悩みをかかえたことはありませんか?

クローゼットの収納は、実はハンガーの選び方ですっきりさせることができます。ハンガーを変えれば、クローゼットの収納は大きく変わるのです。ただし、間違ったハンガーの使い方をしてしまうと、シワになったり大切な衣類を型崩れさせたりする原因になることも。

そこで今回は、ハンガーの正しい選び方、使い方を解説します。大切な衣服を長く着るためにも、ハンガーにこだわって収納名人をめざしましょう。

正しいサイズのハンガーを選ぼう

clothes-hanger2

ジャケットなどの衣類が型崩れする大きな原因のひとつが、ハンガーの肩幅サイズが合っていないこと。たとえばハンガーの肩幅が大きすぎると、肩先に不自然な跡が残ったり、逆にハンガーが小さすぎると、肩の部分が出っ張って跡が残り、シワが残りやすくなってしまったりします。

正しいハンガーのサイズは、衣類によって異なります。まず衣類の後ろ身頃の両肩の縫い目の直線距離を測りましょう。ハンガーの肩幅サイズは、そこから2cm程度引いたサイズが目安と言われています。ハンガーのサイズは2~3cm刻みでつくられていることが多いため、ちょうどいいものがない場合は、少し小さめのサイズを選びましょう。

ハンガーサイズの目安

ハンガーサイズ 洋服サイズ(レディース) 洋服サイズ(メンズ)
36~38cm S
38~42cm M S
42~45cm L M
45~47cm LL L
47~52cm LL

木製、プラスチック、スチール、起毛素材…ハンガーにも様々な素材が

clothes-hanger3

ハンガーの素材にはいくつか種類があり、それぞれに良さがあります。

木製

温もりが感じられる木製ハンガーは、静電気が起きにくく、衣類にやさしいのが特長。適度に湿度も吸収してくれるので、カビを防ぐ効果もあります。

プラスチック製

木製に比べると軽くて安いプラスチック製ハンガー。水分を吸収しないため、洗濯ものを干すときにも使いやすく、乾いたあとにそのままクローゼットにしまえるというメリットもあります。ただし、直射日光を当てると、劣化しやすいので注意しましょう。

スチール製

サビに強く、耐久性があるのがスチール製ハンガーの特徴です。デザイン性が高く、おしゃれなものも多いので人気があります。

起毛素材

ハンガーから滑り落ちやすい襟元が大きく開いたトップスや、薄手のカーディガンなどにおすすめ。クローゼットの中で、ハンガーからするりと落ちて気づいたら衣類がシワだらけ……というアクシデントも防げます。起毛素材以外にも、ビロード製やPVC特殊ラバー加工されたものなど滑りにくい素材のハンガーがあるので、いくつかあるといいですね。

かける衣類に合わせてハンガーを選ぶ

clothes-hanger4

ハンガーの中には、かける衣類に合うように形がデザインされているものもあります。衣類に合ったハンガーを使い分けることで、型崩れなどを防いで良い状態をキープしながら収納できます。

スーツ・ジャケット用

体のラインに合わせて立体的に縫製されているというスーツの特性を考慮し、型崩れ防止のために肩先に3cm以上の厚みがあるのが、スーツ・ジャケット用ハンガーです。なお、人の体のラインを意識して肩部分が緩やかに湾曲していることもスーツ・ジャケット用ならでは。重要な場面で着ることも多いスーツやジャケットを大切に扱いたい方も多いはず。ぜひ一度確認してみてください。

スラックスも一緒にかけられるバー付きのスーツ用ハンガーなら、1本でジャケットと一緒に収納できるため、クローゼットの中がすっきり。着るときも脱いだあとも手間がかからず、いいですね。

コート・アウター用

普段着ている衣類よりも重たいコートやアウター類。重さのある衣類を薄いハンガーにかけてしまうとその重みに耐えきれず、型崩れなどを起こします。ハンガーにかけるときは、衣類の重みを支えるために、肩の部分が5cm程度あるものがベターです。

シャツ用

スーツやジャケットなどとは対照的に、ワイシャツやブラウスには薄型のハンガーがおすすめ。薄型タイプなら、かさばりにくいのでクローゼットの中にたくさん収納でき、すっきりさせるメリットがあります。

トップス用

ニットなどカジュアルでえりのない衣類の場合は、えりの部分に立ち上がりがない緩やかな形状のハンガーが向いています。衣類の素材によっては滑り落ちやすいものもありますから、ハンガーに滑りにくい加工をしてあるものを選ぶとクローゼットの中で衣類が落ちて散らかる心配もなくなります。

ボトムス用

ズボンやスカートをかけるボトムス用には、クリップ式、ズボン吊り式、バー式といった種類があります。

クリップ式

ズボンやスカートの両端を挟んで使用し、クリップの位置を左右に動かすことで、衣類のサイズに合わせて調整することができます。

ズボン吊り式

ズボンのすそ全体を挟んで使用しますが、ズボン自体の重みでシワがとれやすくなるという利点があります。

バー式

ズボンをかけて使用するので、ハンガーは滑りにくい素材を選ぶのがポイント。折り曲げた状態でかけるため、クローゼットの高さがない場合でも使用しやすく、すっきりと収納できます。

クリーニング店でもらったハンガーは使わないほうがベター

クリーニング店から衣類を引き取ったときについてくるハンガー。面倒だからとそのままクローゼットにしまっていませんか?

クリーニング店でもらえるプラスチック製や針金製のハンガーの多くは、一時的に使用するためにつくられたもの。衣類に合わせてつくられたものではないため、長時間の使用にはあまり向いていません。家に持ち帰ったらクリーニング店のハンガーは外して、衣類にあったタイプのものに付け替えてクローゼットにしまうとよいでしょう。

特にコートなどをクローゼットに収納するとき、たいていの場合、オフシーズンに長い間ハンガーにかけっぱなしの状態になります。そのあいだにお気に入りの衣類が型崩れを起こさないよう、しっかりと厚みのあるハンガーを選ぶようにしましょう。

ハンガーをそろえるだけでクローゼットが変わる!

clothes-hanger6

いざクローゼットに収納したら「ごちゃごちゃしていてすっきりと見えない……」「衣類が多くて収納しきれない……」といった悩みが出てきがちですよね。

そんなお悩みの解決策のひとつとして、いままでご紹介してきた内容をふまえ、ハンガーを上手に活用してみましょう。おすすめは「ハンガーの種類を統一する」こと。種類や色がバラバラだったり、クリーニング店のハンガーを使用していたりすると、クローゼットの中がごちゃごちゃして見えてしまいます。

スーツやジャケット、シャツ、スカートなどのように、アイテムごとにそれぞれ同じ種類のハンガーにするだけで、クローゼットの中が整理されます。さらに衣類を色別や丈の長さ別に並べ替えるだけでもクローゼットが洗練され、片づいて見えるようになるので、ぜひ試してみてください。

ハンガーを上手に活用して快適なクローゼットを

いつも何気なく使っているハンガーも、こだわりを持って衣類ごとに統一をしたり、素材を選んだりするだけで整理整頓ができるだけでなく、衣類がきれいに長持ちします。

クローゼットの中が片づいていると、朝の準備や洗濯のあとの片づけもサクサクできて、気持ちもすっきりしますよね。お気に入りの衣類を長く着るためにも、ハンガーを上手に活用して、収納名人をめざしましょう。

また収納の悩みは、衣類だけではありません。普段は使わないけれど、家族の思い出の品や、季節ものなど、収納に困っているものはありませんか?

もしもお引っ越しから1年以内の方であれば、ヒナタオでんき&ガスではスマホでカンタン収納サービスがついてくるお得なプランをお選びいただけます。手間をかけずにお部屋もスッキリ!ぜひご確認ください。

Top